ラックのレビュー           

  
ラックの情報をご紹介しています。

【最強ワイド収納】CDもビデオもたっぷり収納! ワイド型ラック 97309 【14276】
価格: 19,845円 レビュー評価:4.5 レビュー数:5
●最大収納CDなら564枚(47x12)セルビデオなら120本(15x8)ビデオテープなら144本(18x8)DVDなら248本(31x8) キャスター付なので、簡単に両面の収納内容を選べる。引戸ガラス付なので、ホコリ等から遮断可能!
●威力抜群のたっぷり収納。たまったCDやDVD、の収納場所に困っていないか?これ一台で驚くほど沢山のCDやDVD、ビデオテープを収納することが出来る。しかも、両面から収納できるので「収納しきれない…」なんてことは言わせない
●両面収納型のたっぷり収納!貯まったCDやDVD、ビデオテープを存分に収納!
●スタイリッシュなデザインなのでどのお
YAMAZEN 文庫本ラック CMCR-9060(WH)
価格: 2,000円 レビュー評価:4.5 レビュー数:21
●文庫本やコミック収納にぴったりのカラーボックス
●収納部内寸 幅56奥行15.5高さ20cm 値段の割りに、しっかりしています。
薄いので、場所も取らず購入して良かったです。
YAMAZEN シューズラック SR-544(SG)
価格: 1,771円 レビュー評価:4.5 レビュー数:8
●激安 4段タイプのシューズラック!
●12足収納可能
●脚部はアジャスター付
※お届けは家具本体のみとなります。写真の装飾品、置物等は付属しません 一戸建て購入にましたが、ドタバタしてて靴が散乱・・・。
きれいに片付くシューズラックを探していました。
大きさは問題なし!
強度も問題なし!
容量も問題なし!
とりあえず今のところは支障なし!
できればホワイトカラーがあればよかったかな。
うみねこのなく頃に Episode.1 オリジナルサウンドトラック Essence
価格: 2,500円 レビュー評価: レビュー数:
ゼーガペイン オリジナル・サウンドラック(2)
価格: 3,045円 レビュー評価:5.0 レビュー数:4
 OPとED両方の曲がフルで入っているというのがなんともいいところ。後、多分劇中では1回きりしか使われていない歌2曲が入っていて、これもグッド。OP、ED、後の2曲、これらの曲は作品イメージにぴったしだし、1つの作品として聴くにも耐えうるいい曲です。
 
 しかし歌だけかと言うとそうでもない。アニメの放送だとストーリー進行にきっちしはまり過ぎていて、その存在を忘れてしまっていたBGMたち。CDで単体の曲として聴くと静かで心地よい音色の曲ばかり。
 
 ゼーガペインファンはもちろんのこと、アニメを知らない人にもお勧めです。
ア・ニュー・デイ・ハズ・カム
価格: 2,520円 レビュー評価:5.0 レビュー数:16
1999年の新曲入りベストアルバム『ザ・ベリー・ベスト』を発表後、長期出産休暇に入っていたセリーヌ・ディオン。2001年のチャリティアルバム『ゴッド・ブレス・アメリカ』で2年ぶりの歌声を披露したが、本作はそれに続いて発表されたアルバム。
バラードメイカー、ウォルター・アファナシエフのプロデュースによる珠玉のファーストカット<16>には、ミディアムビートアレンジのリミックスヴァージョン<5>(ラジオ・エディット)も用意され、スウェーデンポップスのプロデューサーチームが手がけたミディアムポップ<1>、ドラマティックな展開の壮大なスローナンバー<3>、ポップなサウンドがメロディア
ピュア・ラック(字幕スーパー版) [VHS]
価格: 15,572円 レビュー評価: レビュー数:
ピュア・ラック(日本語吹替版) [VHS]
価格: 15,572円 レビュー評価: レビュー数:
レディー・ラック [VHS]
価格: 11,760円 レビュー評価: レビュー数:
ツイスター ≪初Blu-ray化!!≫
価格: 4,935円 レビュー評価: レビュー数:
フェリスはある朝突然に スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
価格: 1,500円 レビュー評価:4.0 レビュー数:2
何も考えずに気楽に見れる作品。
何となくほのぼのして、楽しくなってしまいました。
フェラーリの250カリフォルニア(だったと思う)がアクセントで出ていて、その筋の車好きが見るとさらに面白い。
チャーリーシーンもちょい役で出ています。
ジョイ・ラック・クラブ [DVD]
価格: 1,890円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5
スー・ユアン(キュウ・チン)、リーダー格のリンド(ツァイ・チン)、アンメイ(リサ・ルー)、インイン(フランス・ニューエン)の4人の女性は、マージャン卓を囲んで時を過ごす“ジョイ・ラック・クラブ”を30年間続けてきた。喜びや悲しみを分かち合ってきた4人だが、スー・ユアンが亡くなり、娘であるジューン(ミンナ・ウェン)が母の代わりに参加することに。
エイミー・タンの同名ベストセラー小説を、女性監督ウェイン・ワンが映画化。中国から移民としてアメリカへ渡り、苦難の人生を生き抜いてきた4人の母親と、アメリカで生まれ育った娘たちの人生を壮大なスケールで描く群像劇。苦難に満ちた母親の若き日
最終更新日:2009年10月12日

Copyright (C) 2009 ラックのレビュー All Rights Reserved.

Ads by Sitemix